結婚式には多くの種類がある!自分達に合う結婚式の選び方

アクセスの良さも大切!

良い結婚式を挙げる為には、始めの式場選びに気を付けましょう。フタッフの対応や式場の設備などもとても大切ですが、アクセスの良さもとても大切です。参列者が分かりやすい式場を選びましょう。

結婚式の種類と特徴

新郎新婦

教会式

教会式は、基本的にキリスト教信者を対象に行われる挙式です。しかし、教会によっては勉強会や礼拝に数ヶ月参加することによって挙式を行うことができる場合があります。厳格さが求められる挙式ですが、通りすがりの信者が参加することがあります。

キリスト教式

キリスト教式は、とても人気があります。ホテルや式場に設けられたチャペルで行う挙式で、多くの参列者を招待することができます。また、外国人の牧師が英語の司式を準備している場合もあるため、本格的な挙式を行えます。式場によっては、聖歌隊の歌の演出も用意されています。

神前式

神前式は、神社や式場などで行われる神式の挙式です。基本的にしばりがゆるく人気がありますが、親族だけの参列のケースが多いのが特徴です。しかし、日本人ならではの白無垢衣装を着ることができるので、人気が出つつあります。

人前式

宗教に関わらず、立会人に2人の婚姻を認めてもらう挙式のことを、人前式といいます。人前式には決まりがないので、カップルの数だけスタイルがあります。基本的には婚姻届のサイン、指輪の交換などを行います。オリジナルの結婚式を挙げたい方におすすめです。

結婚式には多くの種類がある!自分達に合う結婚式の選び方

新郎新婦

理想の結婚式をイメージする

京都で結婚式を挙げる際には、結婚式のイメージをすることが大切です。2人の意見を話し合い、どんな結婚式にするかイメージを固めていきましょう。「白無垢が着たい」「今風の式にしたい」など、大まかなイメージで構いません。大まかな理想が最初で決まっていれば、結婚式選びが楽になります。

式場

こだわりを決める

結婚式を挙げる上で「ここだけは譲れない」というポイントを明確にしましょう。「和装がしたい」「海が見える挙式がしたい」など、5つほど挙げていきましょう。この際に、ある程度の費用を決めておくことも大切です。こだわりがあることで、式場選びに迷った際に、優先順位をつけることができます。

花嫁

挙式スタイルを確認

結婚式には様々な挙式があるので、それぞれの特徴を確認しましょう。見た目や理想だけでなく費用や収容人数など、本格的に考える必要があります。そのため、挙式スタイルを決める際には、参列者の人数を大まかに把握しておきましょう。

式場

ブライダルフェアに参加しよう

ある程度結婚式の内容が決まってきたらブライダルフェアに参加してみましょう。実際に模擬披露宴を見たり、食事の試食をすることができます。また、その際にはスタッフの対応なども確認することが出来るのでとてもおすすめです。

結婚式会場の種類

  • レストラン
  • ホテル
  • 専門式場
  • ゲストハウス

広告募集中