2人で成し遂げることが、結婚式のポイント!

結婚式は祝福されるだけじゃない!

結婚式を挙げようか迷うという方は多くいます。確かに、結婚式を挙げることで費用が掛かったり、準備などで忙しくなります。しかし、結婚式は祝ってもらうだけではなく、他にもメリットが多くあります。

結婚式で準備するものをチェック

  • 招待状
  • 席次表
  • 席札
  • メニュー
  • プロフィール表
  • ウェルカムボード
  • 映像
  • BGM

結婚式を迷っている人必見!結婚式を挙げるメリット

手

結婚式はなぜ挙げるの?

結婚式は、2人のケジメをつけるためにとても大切です。しかし最近は、結婚式を挙げない夫婦も多くいます。式を挙げないことで、結婚をしたという意識がなく、カップル感が抜けない夫婦も多くいるようです。そのため、京都で結婚式を挙げることはとても大切なことなのです。また、結婚式は一生に一度の晴れ舞台なので、親孝行にもなるので結婚式を挙げるのがおすすめです。

ブーケ

手間の掛かる結婚式準備が大切!

結婚式の準備には時間や手間が掛かってしまいます。しかし、結婚式の準備時間は2人にとってとても大切な時間です。価値観の違いで喧嘩をするカップルも多くいますが、その難関を乗り越えることで信頼を深めることができます。また、2人で一緒に結婚式を成し遂げることによって、より絆が深まり思い出深くなります。

新郎新婦

結婚準備の楽しみは指輪!

結婚準備の際の結婚指輪選びは女性の一番の楽しみです。そのため、結婚指輪を選ぶはとても大切です。最近は、オーダーメイドで作る人も多くいます。また、婚約指輪とセットで購入して費用を抑えることも可能です。自分達の予算を考えて、結婚指輪を選びましょう。

[PR]
会費制の結婚式を確認
安心して申し込みができる

結婚式までの流れを確認しよう

結婚

プロポーズ

プロポーズが成功したら、「顔合わせ」「結納」を行います。顔合わせでは、お互いの両親が食事をしながら親睦を深めます。また、結納は正式に婚約をするという儀式のことで、「結納品」などの取り交わしをします。基本的に結婚式の6~7ヶ月前に行われます。

知人に報告

家族や親族への報告が終われば、友人や職場の人に結婚の報告をしましょう。基本的には、5~6ヶ月前がベストです。結婚式に招待する人がいれば、報告の際に招待状を送る趣旨を説明しておきましょう。そうすることで、招待される側も予定を空けやすくなります。

結婚式の予定を決める

報告が落ち着いてきたら、結婚式の準備をしていきます。式場や日程を決めたり、結婚指輪を選びましょう。また、参列者のリストアップや招待状の発送、衣裳決め、演出決めなど忙しくなるので、結婚式の準備は早めに始めることが大切です。なので結婚式の準備は3~6ヶ月前から始めましょう。

入籍

結婚式の準備が落ち着いたら、2人で決めた日に入籍をしましょう。入籍の際には身分証明書や印鑑、戸籍謄本などが必要となるので忘れることがないようにしましょう。また、思い出として婚姻届は写真に収めておきましょう。

結婚式当日

結婚式の当日には、新郎新婦2人が主役です。親や友人、知人に感謝の気持ちを忘れずに思い出に残る結婚式にしましょう。また、結婚式が終わると同時に夫婦としての道のりが始まります。責任感をもって生活していきましょう。

[PR]
結婚式場なら一宮周辺で探そう
試食会・会場見学が手軽にできる

広告募集中